bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

windows10でBashシェルコマンドが使えるようになる。2016年夏。

Windows10でBASHシェルが使えるようになります。

Microsoftは2016年の夏にBASHシェルがWindows上でネイティブ動作するようになるアップデートの提供を予定している様です。

Windows10シェルの詳細はこちらです。(Gigazine)

apt, ssh, rsync, find, grep, awk, sed, sort, xargs, md5sum, gpg, curl, wget, apache, mysql, python, perl, ruby, php, gcc, tar, vim, emacs, diff, patchなどのコマンドがwindowsでネイティブ動作するということは今までLinuxやMACなどで開発を強いられていた人たちにとっては朗報です。

わざわざteraTearmなどの仮装端末クライアントソフトをいれなくてもコマンドの画面からSSHできたりするわけなので、とっても便利なことが予想されます。

しかもさらに開発者にとって嬉しい機能がすでに搭載されているのでWindows10はすごく良い OSになりそうですね。

筆者の環境ではMAC  OSX  にparallel desktopをいれてWindows10を動かしています。Windows関連の開発に関してはどうしても必要なのです。

それとは別にDockerを使用して開発用のコンテナを管理しています。

ローカル開発環境の構築も一昔前と比べれば随分と簡素化されてきましたが、ここにきてWindows10でBASHシェルが使えるのであれば、筆者の開発環境はWindowsオンリーで行けるかもしれません。

構想はこんな感じです。

Windows10ProのHyper-Vを使って仮装マシーンを動かして開発環境を構築したり、新しく搭載されたBASHシェルのSSHからそのままサーバーに接続したり、、なんだかわくわくしてきました。

とは言ってもMAC OSXは手放せないかなとも思います。XcodeなどMACのネイティブアプリやiphoneアプリなどはどうしてもMacが必要です。

 

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で