初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

Windows10 IE(EDGE)を使うなら必ず行いたいセキュリティ設定。

Windows10の新しいInternetExplorer Edgeの設定を安全にするセキュリティ設定

windows10にアップグレード後HDDの空き容量を劇的に増やす方法。

widnows10で神モード(GodMode)を設定する方法

Windows10高速起動の有効、無効を切り替えるバッチファイルの作り方。

Windows10の13個のプライバシー設定。

Windows10のP2Pを使用したアップデートの回避方法

Windows10を爆走仕様の高速化設定方法。

Windows10をクリーンインストールする方法。

Windows10 ダークテーマを有効にする方法。

世の中はにはChromeやFirefoxやsafari、operaその他多数のWEBブラウザが存在していますが、Microsoft社のブラウザは長らくInternet Explorerでしたが、Windows10から名前が変わりMicrosoft Edgeになりました。

このEdgeは動作も軽快でレンダリングエンジンも改良されているため、かなり動作が軽く使いやすいと感じました。

おそらくセキュリティ面も強化されているのでは、と思った矢先さっそく累積的な脆弱性アップデートがリリースされてました。

筆者はどうしてもIE(Edge)でサイトを見る必要があるのでできるだけ安全にそして、無駄なくEdgeを使いたいので下記の設定をしました。

ちなみに、自分からわけもわからずリンクを開いて自分で感染しにいったりする方にはこの設定は必要ないかもしれないですね。。。

まずはスタートを右クリックしてコントロールパネルを開きます。
ScreenShut 2015-08-13 3.03.07

windows7やwindows8,windows8.1などでお馴染みの画面です。筆者は右上の小さいアイコンで表示が好きなので、アイコンがたくさん出ています。
ScreenShut 2015-08-13 3.03.42

この中から「インターネットオプション」を開きます。
ScreenShut 2015-08-13 3.05.51

インターネットオプションの画面から詳細設定タブを開きます。
ScreenShut 2015-08-13 3.06.45

それではここから設定をしていきます。
インターネットオプションの設定はすべてデフォルトの状態からスタートします。

1.「サードパーティ製ブラウザ拡張を有効にする」を 無効に設定。
チェックを外します。(セキュティーソフトのツールバーを使いたい人は有効にしてください。)

理由は、他社のプラグインやツールバーなど拡張機能を使用しないので必要ないものはedge起動時に読み込みたくない為です。
もう一つは、私は経験がありませんが、悪意のあるプラグインを動作させたくないというセキュリティ観点からです。

ScreenShut 2015-08-13 3.07.45

2.「ブラウザを閉じたとき、[Temporary Internet Files]フォルダーを空にする」を 有効に設定。チェックを入れます。
キャッシュファイルがEdgeを閉じたとき削除されます。
これは、セキュリティの意味合いと常にリロードして最新の状態で表示してほしいから設定を有効にしてます。
ScreenShut 2015-08-13 3.11.15

3.FTPフォルダービューを有効にする(Internet Explorer外)チェックをいれて有効にする。
過去のInternetExplorerのFTPブラウズ機能はファイル名に含まれる特定の文字列がエスケープせれずにファイル一覧を出力する問題がありました。これの設定は有効になっているのが正しいです。セキュリティ面が気になる方はチェックを入れて有効にしましょう。
とはいってもWindows10ではリリース後はこの設定でバグがあったようです。
ScreenShut 2015-08-13 3.17.52

4.一般タブの「閲覧の履歴」の「終了時に閲覧履歴を削除する」にチェックをいれます。文字通り履歴などが消えるので、困る人はチェックを外してください。これを有効にする理由は、アドトラッキングを回避する為です(すべての回避は不可能ですがやらないよりマシ)
ScreenShut 2015-08-13 3.22.05

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。