初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

Raspberry Piにつけたセンサーの値をリアルタイムでWEBに表示する方法。

必要な物とかアレとか。

必要な物:
Raspberry pi2、BMP180(センサー)、パソコン、
ブレッドボード、ジャンパーケーブル10本程度、抵抗(Rasberry pi内臓のプルアップ抵抗使います。)、マイクロUSB電源、LANケーブル。

Raspberry piにインストールする物:
Apache、php、Python、node.js、npm、express、i2cモジュール、gpioモジュール。

完成イメージ:
webでセンサーの値を表示する。(前段として非同期ではなく同期での表示をめざします。)

WEBに表示するために。

単純にセンサーの値を取得してhtml上に表示するだけでとても簡単にできます。

今回はUI/UXを意識した表示方法をしたので、各値を横棒グラフとして表示してあげましょう。

グラフ表示にはjavascriptでCSSをごにょごにょする方針にします。jqueryもいいのすが、できるだけ軽めに作りたいのです。
raspberry pi2は4コアで1Gメモリで処理的には余裕なのですが、常時稼働なのでできるだけ消費電力を減らしたいのです。

今日はもう眠いので続きは次回。。

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。