初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

WindowsのPowerShellでIEを操作して自動ログインするコードサンプル。

Powershellでサイトに自動ログインする方法

WebDavのサイトなどでファイル管理している場合などにログイン後に自動的にファイルをダウンロード後、編集などの処理を自動で行う時に使えるスクリプトです。

少し前であればVBSで同じことができましたが、IE11からVBSからIEを起動することができなくなってます。なので今回powershellからIEを操作するスクリプトを作ってみました。

一応、VBS版も下の方に載せておきます。

まずはPowershellコードサンプルです。

Set-Variable uri 'http://hogehoge.com' -Option Constant
$userName="userName"
$userPwd="Password"

#トラップ
try{
$ie=new-object -com InternetExplorer.Application
$ie.visible=$true
$ie.navigate("$uri")

#待ち時間
While($ie.Busy){
	start-sleep -milliseconds 100
}

#DOMのID名などは適宜変更してください。
$doc=$ie.document
$dom_userNAME=$doc.getElementById("user_login")
$dom_userNAME.value=$userName
$dom_userPWD=$doc.getElementById("user_pass")
$dom_userPWD.value=$userPwd

$btn=$doc.getElementByID("submit")
$btn.click()
}catch [Exception]{
    $Error
}finally{
    exit
}

#以降ログイン後の処理など

VBS版自動ログイン(IE11以降非対応)

sub ielogin()
Set objIe=CreateObject("InternetExplorer.Application")

strUID="username"
strPWD="password"
objIe.visible=true

objIe.Navigate "http://hogehoge.com"

objIe.Width = 960
objIe.Height = 1024
WScript.sleep 10000
objIe.getElementById("user_login").value=strUID
objIe.getElementById("user_pass").value=strPWD
objIe.document.forms(0).submit()

Set objIe=Nothing
end sub

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。