初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

MYSQLでデータベースを作ってみよう。

mysql_img

MYSQLの基本的な構造

リレーショナルデータベースはデータベースの中にテーブルがありその中にカラムがあります。データベースが引き出し本体で、テーブルが引き出しです。カラムは引き出しの中の区切り板のような物です。

データベースを作ってみよう

WEB開発環境構築のページですでにMYSQLが使える状態になっていると思うので、早速データベースを作るためにmysqlにログインしてデータベースを作るSQLコマンドを入力してみましょう。

MYSQLの準備ができてない方はこちらWEB開発環境構築

MYSQLにログインする。

各自ターミナル(MAC)かコマンドプロンプト(WINDOWS)でmysqlに接続してください。

user_nameとpasswordはご自分の環境に応じて読み替えてください。

mysql -uuser_name -p password;

データベースを作るSQLコマンドCREATE DATABASE文

MYSQLに環境変数(PATH)を通してない方はこちらMYSQLにPATHを通すを参照して設定して来てください。

準備のできた方は下記のコマンドをコピペしてENTERを押してみてください。

スクリーンショット 2014-01-17 0.59.00

CREATE DATABASE test_db;

エラーが表示されなければtest_dbと言うデータベースが作られています。

それでは確認の為、SHOWを使って本当にデータベースが作られたか確認してみましょう。

スクリーンショット 2014-01-17 0.59.26

SHOW DATABASES;

表示にMEMBERSと表示されていればデーターベースが作られているか確認ができました。

データベースtest_dbにusersテーブルとカラムを作ってみよう。

なんだか少し難しく見えますが、1行ごとに見てください。
最初の1行はusersテーブルを作りなさいとい命令ですね。
その後は、それぞれ [列名] [型](最大文字数)の繰り返しです。

スクリーンショット 2014-01-17 1.10.51

create table users
(
id INT (11),
user_name VARCHAR (64),
user_password VARCHAR (64),
user_pref VARCHAR (64)
);

データベース作成のまとめ

今回はコマンドベースで説明しましたが、実はphpMyAdminというGUI(グラフィックユーザーインターフェース)がMAMPやXAMPに入っているのでコマンドじゃなくてもマウス操作で簡単にできちゃいます。

コマンドで打った方が早いので覚えておいてください。

phpMyAdminの使い方は割愛させていただきます。

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。