初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

Excel VBAで再帰的にフォルダ内のファイルを取得するコードサンプル

EXCEL VBAでフォルダ内のファイル名を再帰的に取得する。

フォルダ内のファイル名を再帰的に取得することで、他のエクセルファイルなどまとめて開いて
ある値をコピーしてくる場合に有効なサンプルです。

サンプルでは、ファイル名の取得までですが、Thisworkbook.Pathとbufに入っているファイル名をくっつけて、エクセルファイルをまとめて開いたり、コピーしたりいろいろな応用ができます。

Sub dirFiles()
Dim buf As String
Dim thisPath As String
Dim cd As String
Dim cnt As Long

thisPath = ThisWorkbook.Path
cd = CurDir

buf = Dir(thisPath & "\*.*")

Do While buf <> ""
    cnt = cnt + 1
    Cells(cnt, 1) = buf
    buf = Dir()
Loop
End Sub


初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。