初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

WordPressでカスタム投稿を追加する方法。

カスタム投稿とは

WordPressのデフォルトの標準ポストはまさにブログとしての機能だけになるのですが、新たにオリジナルのポストを作ることができます。カスタム投稿にもカテゴリー、タグ、フィールドを付けられます。

カスタム投稿を使用するケースは、コーポレートサイトなどが多いと思います。
個人でブログをする程度であればあまり必要ないかもしれませんが、当サイトのトップのナビゲーションもカスタム投稿を使用しています。

カスタム投稿の作り方

方法は2つあります。プラグインを使って簡単に実装する方法とfunction.phpに下記のようなコードを追記して実装する方法。

ここではカスタム投稿post-type-name1とpost-type-name2の二つのカスタム投稿タイプを作る例です。

add_action( 'init', 'create_post_type' );
function create_post_type() {
	register_post_type( 'post-type-name1', // 投稿タイプ名の定義
		array(
			'labels' => array(
			'name' => __( 'ポストタイプネーム1' ), // フロントで表示する投稿タイプ名
			'singular_name' => __( 'ポストタイプネーム1' )
		),
		'publicly_queryable' => true,
		'query_var' => true,
		'public' => true,
		'menu_position' =>5,
		)
	);
	register_post_type( 'post-type-name2', // 投稿タイプ名の定義
		array(
			'labels' => array(
			'name' => __( 'ポストタイプネーム1' ), // フロントで表示する投稿タイプ名
			'singular_name' => __( 'ポストタイプネーム1' )
		),
		'publicly_queryable' => true,
		'query_var' => true,
		'public' => true,
		'menu_position' =>5,
		)
	);

	flush_rewrite_rules();
}

上記のコードをthemeディレクトリのfunction.phpの末尾に追加して保存するとカスタム投稿タイプの出来上がりです。

続いては今作成したカスタム投稿タイプにカテゴリを作る場合です。

カスタムタクソノミーの作り方

カスタムタクソノミーはカテゴリやタグの事です。
先ほどと同じように下記コードをfunction.phpにの末尾に追記してみましょう。

register_taxonomy(
	'post-type-name1', // 分類名
	'post-type-name1',  // 投稿タイプ名
	array(
		'label' => 'ポストタイプネーム1', // フロントで表示する分類名
		'hierarchical' => true,   // 階層構造か否か(trueの場合はカテゴリー、falseの場合はタグ)
		'query_var' => true,
		'rewrite' => true
	)
);

register_taxonomy(
	'post-type-name2', // 分類名
	'post-type-name2',  // 投稿タイプ名
	array(
		'label' => 'ポストタイプネーム2', // フロントで表示する分類名
		'hierarchical' => true,   // 階層構造か否か(trueの場合はカテゴリー、falseの場合はタグ)
		'query_var' => true,
		'rewrite' => true
	)
);

これで各カスタム投稿タイプにカスタムタクソノミー(分類)をつけることが出来ました。

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。