bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ローカル開発環境で複数のサイトを扱うためのVirtualHostの設定

ローカル開発環境でVirtualHostを設定する方法

必要なファイルは下記
1:httpd.conf
2:httpd-vhosts.conf
3:hosts

今回はドキュメントルートpublicディレクトリの中のsampleディレクトリにhttp://sampleでアクセスしたとき
にpublic/sampleが表示されるように設定してみます。

この設定であれば、ローカルでWEB開発をしているときでもcssやjsなどパスを変更しなくてもいいのでおすすめです。

httpd.confの設定方法

Includeの先頭コメント削除するだけです。下記のような状態にします。
[html]
# Virtual hosts
Include /private/etc/apache2/extra/httpd-vhosts.conf
[/html]

httpd-vhost.confの設定方法

httpd-vhost.confの設定
#DocumentRoot Directoryは通常のlocalhostの設定なので下記のようにしておきます。
#Virtual Host Directoryでsampleの設定をしています。

[html]
#DocumentRoot Directory
<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "/public/"
ServerName localhost
</VirtualHost>

#Virtual Host Directory
<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "/public/sample/"
ServerName sample
</VirtualHost>
[/html]

hostsの設定

上記設定だけでは動きませんので、hostsファイルを下記のようにします。
IPv4とIPv6の設定両方入れておきます。
[html]
127.0.0.1 localhost
::1 localhost
127.0.0.1 sample
::1 sample

[/html]

Apacheを再起動します。

筆者の環境では下記のコマンドで再起動します。
よくわからない方はPC再起動しても同じです。
[html]
sudo apachectl restart
[/html]

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で