初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

ADOBE CEPhtmlengine helperのバグの直し方。

Adobe CreativeCloudのアプリケーション使用中CEPhtmlengineのCPU使用率が高くなるバグ。

改善方法についてはAODBEより公式に方法が公開されていますが、これらを試してもうまく直らないケースもあるようです。

ざっくりとして手順。

1:専用アンインストーラーをダウンロードしアンインストールする。

2:公式サイトに掲載されているパスの対象ファイルとフォルダを削除する。

3:CreativeCloudの再インストール。

の3つの手順が必要です。

まずは公式サイトの下記の方法でCCを削除します。

(Dreamweaver,photoshop,illustratorなどのアプリはそのまま残ります。)

CreativeCloudデスクトップアプリの削除方法。

それでも改善しない場合は下記を試します。

CEPhtmlengineはCommon Extensibility Platformの略のようでこれらのプロセスが正しく動くように手動で削除してから、ここから必要なファイルをダウンロードします。このファイルを所定のフォルダ内と入れ替えするだけで改善します。

この方法はADOBEのスタッフが公式にフォーラムで掲載しているものですが、正式なサポートリリースはまだのようです。取り急ぎなんとかしたい方は試してみるのもよいと思います。

筆者はこちらの方法で改善されました。Dreamweaverのアプリフォルダ内を置き換えてみたらあっさり解決しました。

以前はillustrator使用中でもCEPhtmlengineがCPUを占有していたのですが、今回の方法ですべてが解決されました。

手順:

下記のフォルダを確認してバックアップします。

1:

/Applications/Adobe Dreamweaver CC 2015/configuration/CEPExtensions/com.adobe.DesignLibraries.angular

com.adobe.DesignLibraries.angular.oldとしてバックアップをします。

2:

ここから置き換えるためのフォルダをダウンロード

ダウンロードしたフォルダの中身を/Applications/Adobe Dreamweaver CC 2015/configuration/CEPExtensions/com.adobe.DesignLibraries.angularの中にコピーして置き換えます。

3:

Dreamweaverを起動してCEPhtmlengineがCPUを占有してないか確認します。

ADOBEのCCになってからトラブルばかりで嫌になりそうです。

MACユーザーの方はphotoshopやIllustratorの代替ソフトとしてアフィニティーデザイナーやアフィニティーフォトに乗り換えようか考えちゃいますね。

DTPでの使用はきびしいかもしれないですが、WEB限定であれば概ね問題ないようです。

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。