初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

無線LANが遅い、繋がらないを改善しよう。

windowsでもOSXでも起こりえる無線LANの問題について取り上げつつ改善方法をご紹介します。

無線LANで重要なので近所の無線LAN電波と干渉しないようにチャンネルを使い分ける事が重要ですが、昨今、公衆無線LANやホットスポットなど無料で使えるwi-fi環境が増えすぎたせいと無線LANの復旧が進んだ事で、すぐに帯域干渉を起こし速度低下します。

今回は切り分け方法とチャンネル設定について書いていきます。

速度低下の原因を切り分けよう

まずは何が原因か切り分けからスタートですね,

繋がるけど速度がでない場合は下記2つの切り分け。
方法1:有線LANで接続した時、速度が早い場合は無線の干渉が原因の可能性が大きいです。
方法2:無線接続画面でSSIDが4つ以上表示されているか確認。4つ以上ある場合は間違いなく帯域が干渉してます。

無線LANに接続できない場合はすでにチャンネルが被っているので接続が不安定な状態です。
この状態だと、接続できなかったり、接続してすぐ切断されたりします。
この場合は、無線LANの設定でチャンネルを1から11のどこかに固定してトライしてみてください。

無線LAN帯域干渉をチャンネル固定で改善させる。

まず無線のチャンネルは1から13まであります。大抵の場合13あたりは公衆無線LANで使われてるのでチャンネルを13にするのは避けましょう。

本題の他の無線ルーターの電波と被らないチャンネル設定ですが、3つまでなら被らずに設定可能なんです。

被らないおおまかな組み合わせは下記の通り。

1ch,6ch,11ch
2ch,7ch,12ch
3ch,8ch,13ch

これを踏まえてフリーソフトやwindows標準機能やOSXの起動でパソコンが受信しているwi-fi電波のチャンルを調べて、できるだけ上記のような組み合わせに近づけて自宅の無線ルーターのチャンネルを固定します。

どうしても被る場合が多いとおもいますが、うまいこと設定できれば、通信速度が劇的に変わります。

コメントを残す

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。