初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

Windows10をクリーンインストールする方法。

Windows10をクリーンインストールする方法。

Windows8.1からWindows10へアップグレードは何の問題もなく完了しましたが、
いろんな残骸などが残っていて気分がわるい人向けの記事です。

windows10にアップグレード後HDDの空き容量を劇的に増やす方法。

Windows10のP2Pアップデートをローカルのみに設定

Windows10高速起動の有効、無効を切り替えるバッチファイルの作り方。

widnows10で神モード(GodMode)を設定する方法

Windows10のIE(Edge)を使うなら必ず行いたいセキュリティ設定。

Windows10を爆走仕様の高速化設定方法。

Windows10 ダークテーマを有効にする方法。

前提条件:
Windows10にアップグレード完了後自動認証を済ませた後であれば、クリーンインストールが可能なようです。
この手順を踏まないと端末のライセンス認証が通らず面倒になります。
なので、スタートから設定を開き更新とセキュリティ画面から下記の画像のように
Windowsはライセンス認証されていますの文言が表示されていることを確認した上で行ってください。
バックアップ済みであること。

ScreenShut 2015-08-09 23.31.16

Windows10のクリーンインストールする2つの方法

注意:必ず必要なデータのバックアップとった後で実行する必要があります。

1の方法は完全にクリーンインストールではないかもしれないです。

1.Windows10にアップグレード後、スタートから設定を開きます。
ScreenShut 2015-08-09 23.22.42
更新とセキュリティを開きます。
ScreenShut 2015-08-09 23.23.20
開始をクリックします。
ScreenShut 2015-08-09 23.23.52

オプションを選択してください。画面で情報を引き継いでのインストールか真っさらにしてインストールするか選択できます。
クリーンインストールの場合は下のすべて削除するを選択します。
ScreenShut 2015-08-09 23.25.16

ドライブのクリーニングも実行しますか?と聞かれますが、クリーニングするとものすごい時間がかかるのでファイルの削除のみを選択した方が無難です。

注意:先にすすむとデータが消えます。バックアップをとった上で行ってください。

ScreenShut 2015-08-09 23.28.11

ファイル削除が終わるとインストールが始まります。

MicrosoftからWindows10.isoファイルをダウンロードしてクリーンインストール方法。

前提条件:
ネットが繋がっている
USBフラッシュメモリ4GB以上の空きがある空のUSBメモリか
空のDVDメディア
windows10へのアップグレード後、自動ライセンス認証済み
必要なデータのバックアップ済み

手順:ここからWindows10のISOをダウロードする。Microsoft公式サイトからWindows10のISOをダウンロードする。
ダウンロードツールは32bitと64bit選べますので環境にあったものを選択してダウンロードします。
ScreenShut 2015-08-09 23.40.55

ダウンロード後にMediaCreationToolxXX.exeを実行します。
ScreenShut 2015-08-09 23.42.14

ユーザーアカウント制御画面は「はい」をクリックします。
ScreenShut 2015-08-09 23.43.36

他のPC用にインストールメディアを作るを選択します。
ScreenShut 2015-08-09 23.44.44

言語、アーキテクチャ、エディションの選択をし次へクリックします。
ScreenShut 2015-08-09 23.45.39

使用するメディアを選択してください。
USBフラッシュドライブかISOファイルの2択です。ここではUSBフラッシュドライブにしておきます。
ScreenShut 2015-08-09 23.47.56

リムーバブルドライブに今接続していて、ISOを書き込まれるもので間違いないか確認して次へをクリックします。
ScreenShut 2015-08-09 23.52.13

進行状況が表示されます。今回ダウンロードは5分ほどで完了しました。
回線輻輳状態なので変わるので時間は1時間くらい見た方がよいかもしれないです。

ScreenShut 2015-08-09 23.53.06

ダウンロード完了後にWindows10のメディアを作成していますに変わります。
完了まで15分程度かかりました。(USB3.0)
ScreenShut 2015-08-09 23.55.28

完了画面はこんな感じです。
ちなみに仮想マシーンで使用する方はISOの作成してローカルや外付HDDなどにコピーしておけばそのままインストールメディアとして使用できます。

ScreenShut 2015-08-10 0.04.25

インストールに関してはUSBからブートすればWindows10のインストール画面に変わりますがデータのバックアップは必ず行ってください。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。