初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

IEのゼロデイ脆弱性対処方法。VGX.dllを無効化とEnhanced Mitigation Experience Toolkit 。

IEの脆弱性対策 簡単なたった2つの設定

Microsoft 社のアドバイザリ(2963983)リンク

MicrosoftではIE6〜11までで攻撃が確認されたと発表しています。
しばらくすれば、セキュリティパッチをリリースするようですが、それまでの間どうしてもIEを使いたい方は
最低限下記の手順で設定をしておく方がいいでしょう。

手順は2工程なので数分あれば設定できます。

※下記の設定をするとVML(Vector Markup Language)ベクター画像が描画されなくなります。

手順1:

下記をコマンドプロンプト(管理者権限で実行)にコピペしてENTER。

Windows 32bitの場合

"%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe" -u "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll"

Windows 64bitの場合

"%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe" -u "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll"
"%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe" -u "%CommonProgramFiles(x86)%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll"

手順2:
IE起動→ツール→インターネットオプション→詳細設定タブ

下記2つにチェックを入れる。
拡張保護モードで 64 ビット プロセッサを有効にする。
拡張保護モードを有効にするにチェックを入れる。

Microsoftからセキュリティパッチがリリースされたら元に戻す

Microsoftから今回の脆弱性に対するセキュリティパッチがリリースされたら、インストール後に
下記コマンドを使ってVGX.dllを再登録して元に戻します。

コマンドプロンプトを管理者権限で実行してコピペして貼付けENTER。
Windows 32bitの場合

"%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe" "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll"

Windows 64bitの場合

"%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe" "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll"

"%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe" "%CommonProgramFiles(x86)%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll"

Enhanced Mitigation Experience Toolkit 4.1 をインストールして対策する方法。

MicrosoftのTech Centerからダウンロードできます。
細かい設定などは自動で入るのでダウンロードしてインストールするだけです。
Enhanced Mitigation Experience Toolkitダウンロードページリンク

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。