初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

Windows10定義の更新エラー 0x80070643を直す方法。

Windows Defenderの更新でエラー0x80070643

windowsを更新(アップデート)していると時たまこのエラーに悩まされます。根本的な原因は環境によりけりなので、一通り試すといいことを書いていきます。

下記のいずれかでエラーで解消される可能性があります。

1.コマンドプロンプトを右クリックして管理者として実行。

下記コマンドを実行します。

これはWindowsDefenderの定義ファイルを一旦削除するための操作です。

C:\Program File\Windows Defender\MpCmdRun.exe -RemoveDefinitions -All

2.Windows Defenderを起動して更新してみる。

これはそのままです。すべてのプログラムなどからwindows defenderを起動して直接定義ファイルを更新します。

エラー0x80070643はWindowsUpdateでまとめてアップデートした場合に起こり安いです。

3.Windowsにインストール済みのセキュリティーソフトを一旦停止してWindows Defenderを起動して更新してみる。

この方法で直ることが多いです。

そもそもセキュリティーソフトを入れている場合、Windows Defenderは停止しているのでWindows Defenderの定義ファイルの更新がうまくいかなくても不思議ではないですね。

筆者の環境ではノートンが入っているのでインストール時にwindows defenderは無効になっています。

試しにノートンを無効にしてWindowsアップデートを実行するあっさり解決しました。

この問題は今に始まったことではなく、過去何度もあります。

Windowsがおかしいエラーがたくさん出る場合

起動直後からdll関連エラーや見慣れないエラーが多発する場合は下記コマンドでシステムファイルのチェックと修復を試しましょう。

sfc /scannow

「システム スキャンの検証フェーズを開始しています」
と表示されしばらくすると、
「Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。」
と表示されます。整合性違反がなければ正常です。

「Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした。」

と表示される場合は次の手順で修復します。

コマンドプロンプトを管理者として実行して下記を実行します。

Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

「復元は操作は正常に完了されました。」
と表示されれば完了です。

Windows10は快適に使用していますが、まだまだ軽微なバグが多く業務使用は難ありな感じがしますが、これからのアップデートでもっといいものになることを期待しています。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。