初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

VMware Fusion6の.vmxファイルを編集して爆速で使う方法。

VMwareFusion6になり、かなりスムーズに動作するようになりましたが、仮想マシーンを起動するとCPUやメモリ、HDDなどの負荷が高くなります。

なんとか無駄な機能を無効にして少しでも高速化できないか調べて実際に実行して見ました。

仮想マシーンの設定ファイルの編集方法。

ファイルの場所は

仮想マシーン>Windows 8 x64.vmwarevmを右クリックしてパッケージの内容を表示

開いた中からWindows 8 x64.vmxというファイルをテキストエディタなどで開きます。

このファイルの中に下記のメモリトリミングや仮想メモリ無効、ログの停止などの設定を書き込んでいきます。

メモリトリミングを無効にする。

一定期間使用されてないメモリを解放する機能ですが、メモリが余っている環境であれば無効にした方が負荷が減ります。

*注意 メモリに余裕がある場合に有効な設定です。

MemTrimRate = "0"

仮想メモリを無効にする。

仮想メモリは物理ファイル(HDD)に展開されるので無効にしてメモリに展開するようにする。

*注意 メモリに余裕がある場合に有効な設定です。

mainmem.backing = "unnamed"

ログ収集を無効にする。

個人用途でログは必要ないという方は下記を設定ファイルに追記するとログを無効にできます。

logging = "FALSE"
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。