初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

Photoshop CS6 3Dが使えなくなった?

photshop cs6のアップデートをしてから3D機能が使用できなくなりました。

調べてみると、
Intel HD Graphic3000でメモリ4Gのだと、自動的にグラフィックメモリの割り当てが384MBになります。
(筆者のMacbookAirのスペック)

メモリ8Gだと自動的に512MBか割り当てられるようです。

Intel HD Graphic3000は搭載されているメモリの容量からグラフィックに割り当てるメモリを自動的決定しているとの事でした。

これは、メモリを増設しない限りphotoshopの3D機能動作条件を満たせない事になります。

Macbookairはメモリがロジックボードにハンダ付けされてるので増設不可能です。。

Macbookairで増設できるのは、SSDぐらいです。後、CPUグリス変えたり、エアブローで誇りを飛ばす事ぐらいです。

裏技的なとこだと、熱伝導シートを何枚か重ねてMacbookAirのチップセットとヒートシンク部分に貼り付けてアルミ製の裏蓋に接触させて、放熱を高める事ができます。(キーボード側の方まで熱が伝ってくるようになり不快で直ぐやめましたwあと、バッテリの方にも熱が伝って行きやすくなるのでバッテリ寿命が短くなる可能性があるで撤去しました。)

話がそれましたが、、本題に戻ります。

photoshopアップデート前は384MB割り当てでも何とか使えていたのですが、、残念です。。3D機能よ、サヨナラ、、、

ですが、諦めが悪い筆者はアップデート前のDMGファイルが残ってたので元に戻し使用してます。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。