初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

photoshopで作るアップル風テクスチャの作り方。

まずは完成図からいきます。

継ぎ目の無いパターンの作り方だけ知りたい方はこちらから。
スクリーンショット 2013-05-08 14.47.02

iPad,ipad mini ,iphoneなどの背景で使われている濃いグレーのテクスチャの作りを説明します。

さっそく説明していきます。

1:photoshopで200px 200pxの新規ファイルを作ります。

2:新規塗りつぶしレイヤーを2個作ります。

スクリーンショット 2013-05-08 14.35.15

レイヤーの名前は適当につけてください。

今回は背景調節用レイヤーと縞模様縦レイヤーとしました。

3:背景調節用レイヤーをグレーにします。

スクリーンショット 2013-05-08 14.35.16

4:縞模様縦レイヤーにフィルター  > ノイズ  > ノイズを加えるを適用。

スクリーンショット 2013-05-08 14.35.32

ノイズはグレースケールノイズにします。

スクリーンショット 2013-05-08 14.35.42

5:さらにフィルターで 描画 > ファイバーを適用。

スクリーンショット 2013-05-08 14.35.51

ファイバーの変化量と強さはお好みで。

スクリーンショット 2013-05-08 14.36.04

6:今作った縞模様縦レイヤーを複製し複製したレイヤーを90度回転します。

MACの人は対象レイヤー上でcommand + Tで簡単に選択できます。

スクリーンショット 2013-05-08 14.37.20

7:縞模様レイヤ2個の描画モードをオーバーレイにします。

スクリーンショット 2013-05-08 14.37.43

8:縞模様レイヤ2個の透明度を50%前後にします。

9:色味や質感は各レイヤーの透明度や背景用のレイヤーで濃淡を調節できますのでお好みで調節してください。

完成しましたが、このままパターンとして使うと継ぎ目ができてしまいますので次回、継ぎ目の無いパターンの作り方で説明していきます。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。