初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

OSXのSafari高速化。プロセス管理を元に戻す方法とデバッグメニューの表示。

Mavericks以降の最新のsafariではタブやウィンドウを開くたびにプロセスが立ち上がるようになっているので、
ちょっともたつきを感じる場面がありますが下記の方法でプロセスを1つにすることでメモリの消費を抑える事もできます。

以前のような一つのプロセス内で複数のタブやウィンドウを動かすように戻す方法を解説。

ターミナルを起動して下記コマンドを実行してsafariのDebugメニューを表示させる

defaults write com.apple.Safari IncludeInternalDebugMenu 1

safariを起動してDebugメニューを開いてDisable per-Tab Processesを選択する

選択し終わったらsafariを再起動すると、複数のタブやウィンドウを立ち上げてもプロセスがひとつになり
もたつきが軽減されます。

Debugメニューを非表示にする方法は下記

defaults write com.apple.Safari IncludeInternalDebugMenu 0
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。