初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

MAC OSXセーフブート,シングルユーザーモード,verboseモードの使い方。

MAC OSXは普通に使用していればトラブルはほとんどおこりませんが、何か調子が悪いときは
まずはセーフブートを試すのがおすすめです。

セーフブートで問題なく起動する場合は、OSX以外のソフトウェアが原因になります。

MAC OSXの起動モードは下記の用なものがあります。

シングルユーザーモード

起動方法:command + S を押しながら起動。

使用ケース:開発時やトラブルシューティング時。

操作:すべてコマンドで操作するので真っ黒な画面に文字が表示されます。

下記のコマンドをターミナルから実行すると常にシングルユーザーモードで起動するようになります。

sudo nvram boot-args="-s"

シングルユーザーモードからアクセス権修復を行うには下記コマンド入れます。

fsck -fy

元の起動方法に戻すには下記を実行。

sudo nvram boot-args=""

セーフブート

起動方法:command + SHIFT を押しながら起動。

使用ケース:OSの正常性を確認する時に使用。MAC OSXの起動に最低限必要な機能だけで立ち上がります。(セーフブートはアクセス権の修復も行われます)

操作:普段使用しているMAC OSXと同じ画です。

下記のコマンドをターミナルから実行すると常にセーフブートで起動するようになります。

sudo nvram boot-args="-x"

元の起動方法に戻すには下記を実行。

sudo nvram boot-args=""

verboseモード

起動方法:command + v を押しながら起動。

使用ケース:起動が遅いときなどverboseモードで起動するとエラーや読み込みに時間がかかっているものを特定することができます。

操作:黒い画面に読み込まれたカーネルやドライバなどが流れていき問題がなければそのまま通常起動します。

下記のコマンドをターミナルから実行すると常にverboseモードで起動するようになります。

sudo nvram boot-args="-v"

元の起動方法に戻すには下記を実行。

sudo nvram boot-args=""
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。