初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

MAC OSXが遅い、おかしい、起動しない時に試す事セット。

Mac OSX EL CAPITANが遅い!を高速化、軽量化する簡単な方法。

Mac OSXのカーネルパラメーターを変更して高速化する方法。

MAC OSX EL_CAPITANを高速化する方法。

MacBook Proの排熱不良で100%の性能を引き出せない時の対策方法。

MacBookPro Retinaのファンがうるさい時の対処方法。

この記事はIntel MACで10.6以降で動作確認済みです。
MAC OSX Yosemite,El Capitanにも対応しています。

MAC OSXの様子がおかしいときに試す方法。

iphone6全面ガラスフィルム激安千円以下!
スマホ通話料金が3円から9円になるアプリハングアウト

下記の方法はいずれもバックアップを取った上で、再起動を試した後でも改善しない場合に試してください。

MacBookpro排熱不良でCPUが100%の性能を引き出せない?



MACのハードウェアの調子が悪い時に試す PRAMリセット NVRAMリセット

一旦、シャットダウンします。

電源ボタンを押した後すぐに COMMAND + OPTION + P + Rを同時に押し続けます。

そのまま待つと一旦電源がきれてもう一度起動しますのでキーボードから手を話してそのまま起動します。

MACのシステムコントローラー SMCリセット

Mac Pro,MacbookPro,MabookAirそれぞれのモデルや年式で操作方法が異なるのでAppleのホームページを参照してください。
Apple SMCリセット方法

MAC OSXの動作がいつもより遅い 原因CPU占有

アプリケーションフォルダの中のアクティビティモニターを起動してCPUタブを開きます。
スクリーンショット 2014-09-30 22.47.52

上記画像の待機状態が94〜98%くらいになっているのが何もしていないときの状態です。
CPU使用率が高いプロセスがある場合はそのアプリをいったん終了してから起動し直すか、アプリを再インストールします。

MAC OSXでエラーが出たり動作がおかしい アクセス権修復

ファイルやディレクトリのアクセス権がおかしくなってしまうとエラーがでたり、動作が遅くなったりします。
アプリケーションフォルダの中のディスクユーティリティを起動してアクセス権を修復します。
スクリーンショット 2014-09-30 22.52.18

ディスクのアクセス権修復ボタンを押してしばらく待ちます。

MAC OSXでエラーが出たり動作がおかしい シングルユーザーモードからアクセス権修復を行う

上記の方法でも問題ないですが、シングルユーザーモードで起動して(電源ボタン押した後に COMMAND + S )
黒い画面で流れる文字がとまったら下記を入力してENTER。

fsck -fy

処理が終わったら下記

reboot

もしくは

exit

MAC OSXの起動が遅い 起動ディスクの選択

起動時にアップルマークが出てくるまでいつもよ時間がかかる場合は”システム環境設定”を開いて”起動ディスク”を開き
画像の用に起動するディスクを選択します。
スクリーンショット 2014-09-30 22.55.29

これが選択されてないと、起動時にどのディスクから起動すればいいか探してしまうため起動が遅くなります。

MAC OSXの起動、シャットダウンが遅い 再ログイン時にウィンドウを開くを無効にする

システム終了や再起動の時に下記の画面が表示されます。
再ログイン時にウィンドウを開くのチェックをはずして再起動します。
スクリーンショット 2014-09-30 22.59.56

MAC OSXが遅い、様子がおかしい キャッシュを削除して再起動する

削除するキャッシュは3つ。Finderから操作できます。

/Library/Caches/*
/System/Library/Caches/*
~/Library/Caches/*

それぞれのCachesディレクトリ内のファイルを全選択して削除します。
その後、再起動するとキャッシュが新しく作られます。

MAC OSXのメンテナンスコマンドを実行する。preiodic

日次、週次、月次の自動メンテナンスが行われるようになっています。念のために実行しておきます。
コマンドは下記とのとおり。

sudo periodic daily weekly monthly

上記をターミナルで実行後に下記の場所にログが吐かれるのでcatなどで確認してエラーがないか見ておきます。

/var/log/daily.out
/var/log/weekly.out
/var/log/monthly.out

MAC OSX使用中に特定のアプリケーションかエラーがでる

単純にアプリで使用しているデータのバックアップを取ってアプリを再インストールします。
アプリによってはアプリケーションフォルダ内に専用のアンインストーラーがあるものもあります。
無い場合はAPP CLEAERなどを使用するとアプリの削除が簡単に行えます。
App Cleaerサイトへ



MAC OSX セーフモードで切り分けする

セーフモードで起動すると自動的にアクセス権修復などを行われます。
(ユーザーが入れたソフトは起動せずに立ち上がります)
セーフモード起動には通常より時間がかかりますが、これで起動できる場合はユーザーが入れたソフトなどの影響で
動作が遅かったり、エラーがでているという事になります。

MAC OSX 新規ユーザーを作って 切り分けする

システム環境設定を起動しユーザーとグループを開きます。
左下のプラスマークから管理者ユーザーを新規で一つ作ります。

一旦今のユーザーからログアウトして今作成して新規ユーザーでログインします。
新規ユーザーでもセキュリティソフトなどは起動してくるのであまり切り分けになりませんが、
ユーザープロファイルの問題であれば、新規ユーザーでは問題は起こらないです。

MAC OSX TimeMachineでトラブルがおこる前の日付に戻す

これは最終手段ですが、どうしても改善できない場合は、トラブルが起こる前の日付に戻してしまう。
(TimeMachineでバックアップを取っている場合しかできませんが)

データは必要ない!という方であれば起動時に COMMAND + Rでリカバリするのが確実です。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。