初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

MAC OSX10.11 EL CAPITANが遅い!を高速化、軽量化する簡単な方法。

Mac OSX El Capitanの遅いアニメーションや表示遅延を短くして体感速度を高速化するコマンドまとめです。

*コマンドは、コピペして実行後にDockやFinderを再起動する必要があります。
 めんどくさい方は、コマンドを実行後にMacを再起動すると設定が反映されます。
 コマンドからFinderやDockを終了して起動しなおすには下記コマンドを実行します。

killall Dock
killall Finder

MAC OSX 10.11アニメーションを無効にして高速化する

おもにウィンドウアニメーションを無効にします。これにより、Finderやsafariなどウィンドウを開く時のアニメーションが無効になり、アニメーションの煩わしさから解放され、画面の切り替えが軽快になります。

ターミナル.appを起動して下記のコマンドをコピペします。

defaults write NSGlobalDomain NSAutomaticWindowAnimationsEnabled -bool false

QuickLook(クイックルック)アニメーションを無効にして高速化する

テキストや画像などを選択した状態でスペースキーを押すと表示される半透明のウィンドウです。便利ですが、アニメーションがあると動作が遅く感じるので無効にします。

defaults write -g QLPanelAnimationDuration -float 0

ウィンドウ拡大縮小アニメーションを高速化する

デフォルトのリサイズアニメーションはゆったりになっていて遅いの、気になる方は0.001秒などに
設定してみましょう。
ウィンドウリサイズ時のアニメーションを超高速に設定します。

defaults write NSGlobalDomain NSWindowResizeTime -float 0.001

MAC OSX 10.11 Finderのアニメーションを無効にして高速化します。

Finderはよく使用するのでテキパキ、キビキビ動いて欲しいのでアニメーションを無効にします。
Finderのアニメーションを無効にしてファイル操作が快適になります。

defaults write com.apple.finder DisableAllAnimations -bool true

Dockからアプリケーションを開いた時のアニメーションを無効にして高速化。

Dockからアプリケーションを起動した時のアニメーションは可愛らしいのですが、気が散るので無効にしました。
Dockのアニメーションが無効になります。

defaults write com.apple.dock launchanim -bool false

Dockを自動的に隠すアニメーションを無効にして高速化

Dockを自動で隠すアニメーションが無効化されます。
筆者はDockを自動的に隠す設定にしているのですが、この高速化は行って無いです。
Dockが隠れる時のアニメーションがないと不自然な印象があるためです。
*アニメーションを無効にすると不自然な感じがするのでお好みで。

defaults write com.apple.Dock autohide-delay -float 0

ミッションコントロールのアニメーションを高速化。

ミッションコントロールの表示切り替えが超高速になります。
デフォルトの状態だとかなりゆっくりしたアニメーション設定されているので、Control+カーソルキーで移動する時にイライラするので、アニメーションを0.1秒に設定するとキビキビと動くようになり体感速度も高速化されます。

defaults write com.apple.dock expose-animation-duration -float 0.1

Mail.appのアニメーションを無効化。

送信や返信の時のアニメーションを無効にします。
OSX 11 EL CAPITANのMailは送信の時にウィンドウが下から上に移動するようなアニメーションが入るのですが、急いでいる時には邪魔なので無効にします。
体感速度はそこまで変わりませんが、少しでも高速化したい方はどうぞ。

defaults write com.apple.mail DisableReplyAnimations -bool true
defaults write com.apple.mail DisableSendAnimations -bool true

Safariの画面表示高速化。Safariが遅い場合に試す簡単コマンド

サイトが開くまでの遅延時間を高速化すると表示されるのが高速化されます。
通常はサイトのデータが読み込まれ、Safariの画面描画が始まるまで遅延が設定されています。このレンダリングエンジンの遅延は、効率的に表示するためにあるのですが、遅延0.1秒に設定することにより体感速度がかなり高速化したように感じられます。

defaults write com.apple.Safari WebKitInitialTimedLayoutDelay 0.1
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。