初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

EL CAPITAN 10.11でhomebrew updateのパーミッションエラー改善方法。

EL CAPITAN 10.11でhomebrew updateのパーミッションエラーを改善する方法

本日、日本でもEL CAPITANのアップグレードができるようになりましたが、
アップグレード後にhomebrew updateがパーミッションエラーになりました。

改善方法は簡単で/usr/localのパーミッションを下記のように編集するだけです。
ターミナルを起動して下記のコードをコピペしてENTERです。

sudo chown $(whoami):admin /usr/local && sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local

上記後にbrew updateをかけると正常に戻っています。

念のためbrew doctorコマンドで検証はかけた方が良さそうです。

またOSX EL CAPITAN 10.11 関連で不具合などがあれば随時更新していきます。
OSX EL CAPITAN 10.11のアップグレード時には今現時点ででている最新のソフトウェアにアップグレードした方が良さそうです。

特に、Intego Virusbarrierをお使いの方は最新のバージョンにアップグレード後にEL CAPITANのアップグレードを行ってください。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。