初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

見えるマーケティング正攻法。ブレーンストーミング、KJ法。

今日はマーケティング会議などで使える手法をご紹介したいと思います。

紹介する手法は下記4つです。

  • ブレーンストーミング
  • KJ法
  • NW法
  • ペルソナモデル

ブレーンストーミング

ブレーンストーミングとは、複数の人があるテーマについて自由に発言し個人のユニークなアイデアを引き出す手法です。ブレーンストーミングでは、個人の自由な発言の為に4つの簡単なルールが存在します。

  • 発言について批判はしない。
  • 自由に発言する。
  • できるだけたくさんの発言をする。
  • 連想される事を発言

発言数はできるだけ多い方がよいので最低3巡くらいしましょう。

上記をもとに順番に発言してもらい個人の自由な発想をメモしていきます。この時、メモをとる人は発言をできるだけ具体的に短くまとめます。抽象的ではなく具体的にまとめる。

  • 発言について背景を探る
  • 質疑応答の中に新たなアイデアがでればメモする(NW法)
  • 反論があればメモにまとめる
  • ここまでの意見やアイデアをカード化する

ここまでがブレーンストーミングとNW法になります。目的は個人の自由な発言によりテーマに沿ったユニークなアイデアを集める作業と言えます。これらの事は日頃意識しなくて頭のなかで自動的に行ってる事は多いですが、最終的にカードやエクセルに書き出したりする事で情報を視覚的にとらえる事ができます。次の手順ではブレーンストーミングで得られた情報をグルーピングしていきます。

KJ法

KJ法では得られた情報カードをグループ分けしていきます。グループ化の手順は下記の通り。

  1. カードをみて大雑把に関係するもの重ねて置いていく。
  2. さらにグールプで関連するものを重ねて置きグループ数をしぼる。
  3. ある程度まとまったグループに見出しをつける。
  4. 子グループ内の整理。原因や結果、関係などを矢印などで可視化。
  5. 親グループの関係性も矢印などで可視化。
  6. 出来上がった表から今回のテーマに合っていて重要なものに投票。

こうして得られた結果がテーマに対して重要なグループになります。

ペルソナモデル

インタビューや調査統計、過去のマーケティングデータなどをKJ法を用いてグループ化してできたデータを元に架空の人物モデルを作り下記の事を考えます。

  • ペルソナがなぜ製品やサービスを利用しなくてはいけないのか?
  • 目的は何か?
  • 結果
  • 利用条件や前提条件

こうして出来た架空の人物像からユーザーのニーズを把握できます。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。