初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

MAC OSXメンテナンス方法。アクセス権修復をシングルユーザーモードから行う方法。

MAC OSXのトラブルはそこまで多くないですが、アクセス権はかなり重要なメンテナンスポイントになります。

diskutility

シャットダウンしないで使っている方は、夜中にメンテナンススクリプトが実行されているので大きな問題になりませんが、日中使って夜はシャットダウンしている方は、1ヶ月に一回程度メンテナンスをした方がいいかもしれないです。

アクセス権修復方法は2通り紹介します。

一つはディスクユーティリティーから行う方法。(普段行う分には十分)
二つ目はシングルユーザーモードを起動して行う方法。(確実)

普段はディスクユーティリティーからでもOKです。
MACの調子が悪いときは一度シングルユーザーモードから試した方が無難です。

ディスクユーティリティーでアクセス権修復。

1:ディスクユーティリティーを起動します。
/アプリケーション/ユーティリティー/ディスクユーティリティを起動します。

2:左側からOSX(筆者の環境だと)を選択して アクセス権修復をクリックします。
スクリーンショット 2013-05-08 16.34.47

 

3:しばらく待つだけで完了です。

4:ついでなのでディスク修復も行っておきましょう。

スクリーンショット 2013-05-08 16.37.12

左側から一番上にでている項目を選択して、左下のディスク修復をクリックします。

 

シングルユーザーモードからアクセス権修復。

1:シャットダウンします。

2:電源ボタンを押した後すぐに Command + Sを押し続けます。黒い画面に白文字の画面になったら話します。

3:しばらくすると起動プロセスやExtなどいろいろ文字が流れていきます。止まります。

4:止まったら

fsck -fy

上記を入力してENTERを押します。

fsck -fy実行中は白い文字が2,3分程度流れます。

しばらくすると止まるので
最後に下記を入力して再起動します。

reboot

再起動はアクセス権なども修復されている状態になっています。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。