初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

非同期通信サンプルコード

javascriptで非同期通信(Ajax)をするサンプルコード

非同期通信は昨今のWEBサイトなどでも欠かすことのできないものになっています。

簡単な流れの解説

xmlhttprequestをインスタンス化→readystateで状態を確認→xmlHttp.responseTextを格納

サンプルコードを使用するときはxmlHttp.openの引数のところhttpから始まる文字列を編集して使用してください。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
        <title>XmlHttprequest</title>
		<script type="text/javascript" >
			var xmlHttp;
			function loadFile(){
				if (window.XMLHttpRequest){
	       			xmlHttp = new XMLHttpRequest();
	   			}else{
		        	if (window.ActiveXObject){
		        		xmlHttp = new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");
		        	}else{
		      			xmlHttp = null;
	        		}
    			}
			    xmlHttp.onreadystatechange = check;
			    xmlHttp.open("GET", "http://", true);
			    xmlHttp.send(null);
			}
			function check(){
			    if (xmlHttp.readyState == 4 && xmlHttp.status == 200){
					var result=document.getElementById("result1");
					result.innerHTML=xmlHttp.responseText;
			    }
			}
		</script>
    </head>
    <body>
        <h1>xmlhttprequest</h1>
		<div id="result1"></div>
		<input type="button" value="更新" onClick="loadFile()">
    </body>
</html>
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。