初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

vba基礎、オブジェクトとプロパティー

VBAとは。

VBAとは、visual basic for applicationの略で、エクセルなどoffice製品用のスクリプト言語です。

一般的にマクロと言われているもので、主にexcel,word,access,outlookなどの処理を自動化する目的で使用されています。

VBAの文法。

VBAには、オブジェクト、プロパティ、メソッドがあります。

オブジェクトはセルや行、列など。

プロパティはオブジェクトが持つ属性。

メソッドは、copyなどの処理。

VBAでは、セルや行、列をオブシェクトとして扱い、それぞれのオブジェクトには、ブロパティが存在します。

エクセルでA1セルを選択する場合の文法は下記の通りです。

下記は、rangeオブジェクトでA1を指定して

selectでA1を選択(セルをクリックした状態)した例です。

range(“A1″).select

オブジェクトの構造は階層構造になっており、階層をたどる時は、”.”ドットで繋ぎます。

 

 

 

 

 

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。