初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

EXCELで差異を表示する方法。

A列とB列の差異の出し方ななついては色々な方法がありますが、ifとcountifを使った方法を紹介します。

関数を入力するセルは$C1です。

IF(COUNTIF($A:$A,$B1)=0,”あり”,”なし”)

B1の値がA列に無いか確認しています。
これをオートフィルで下に伸ばします。

あとは、C列の”あり”を数えます。
COUNTIF($B:$B,”あり”)

さらにオートフィルターを設定すると見やすくできます。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。