初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

iphoneにセキュリティソフトは必要?スキャンソフトは必要?

iphone,ipadのセキュリティ対策

今回はiphoneやipadのデータを暗号化鍵で保護する方法と、ウィルススキャンする方法をご紹介していきます。

iPhoneは脱獄してなければ、滅多なことではウィルスに感染しません。

iphoneアプリはappストアに公開される前にウィルスや危険なコードが含まれていないか審査されてから
appストアにリリースされます。そのため、アプリからウィルスに感染する可能性はAndroidよりはるかに
低いです。それに加えて、iphoneのios内のシステムに関わる部分にはアクセスできないような
仕組みになっているのでセキュリティはかなり高いです。

結論としては、脱獄しないで純正のまま使っていればほぼ安全です。
筆者のiphone5やipadでは万が一の対策でAES256bitの暗号化をかけています。

方法は下記の通り。

iphoneのデータをAES256bit暗号化鍵で保護する方法

AES256bit暗号化鍵は警察でも暗号解読が困難です。
そこそこ性能の良いPCを使っても解読するのに25年かかると言われています。

iphoneを紛失した場合でも暗号化キーを設定しておけばデータを読み取られたりする
可能性が減ります。

設定方法は
設定>パスコードロック>パスコードをオンにする>任意のパスコードを入力する

1:iphoneの設定をひらくと下記画面になります。
IMG_0010

2:iphoneのパスコードをオンにする。
この時簡単なパスワードをオフにしてできるだけ長いパスコードにするとセキュリティが高くなります。
IMG_0011

3:iphoneに任意のパスコードを入力する。
IMG_0012

上記設定後iphone内のデータはAES256bit暗号化鍵でロックされます。

セキュリティが気になる方はぜひ試してみてくだいさい。

iphone,ipadをスキャンする方法

iphone用のアプリでリアルタイムスキャンできるソフトは今のところ皆無ですが、
添付ファイルやメールをスキャンできるソフトは存在しています。

INTEGOという会社のスキャンソフトでappストアで検索するとヒットします。
この会社はMAC専用のセキュリティーソフトを出してますので信頼性が高いです。

またMAC OSX用のセキュリティソフトvirus barrierとソフトでiPhoneをスキャンすることもできます。
筆者も月に一度はMACにiphoneを接続してINTEGOのvirus barrierでiphoneやipadをスキャンしてますが
今まで一度もウィルスなどは検出されてたことはないですが、、

精神衛生上大事なことなので月に一度はスキャンしてます。

またiphoneやMAC OSX関連でセキュリティに関する情報があったら書き込んでいきますね。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。