初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

デザイン基礎の考え方

商用デザインとは

その名の通り、商業目的に使われるサイトのデザインです。平たく言うと、売るためのデザインです。

デザインとは、目的がありそれを具体化するものです。webの世界でも、工業製品にしても同じです。

もちろん、芸術に関しては前述の事は当てはまらない部分もあり難しいところではありますが、今回はwebデザインについて説明して行きます。

消費者行動モデル

注意喚起 興味関心 行動の3つのプロセスがあります。

webデザインに当てはめると
注意喚起=周りとのコントラスト差が高いボタンや文書、画像や動き。外部媒体による宣伝など。

興味関心=興味を持つとユーザーは説明を読み理解を深めようとし比較検討します。

行動=興味関心を持った物に対して対価を支払ってもメリットがあれば行動に移ります。Webだとユーザー登録やサービスの利用やネットショッピングなどの行動ですね。

アクセシビリティ

高齢者、身体的、子供、使用環境が変わったとしても、全てのユーザーが利用できるように設計する事でアクセシビリティ高いサイトになります。

ユーザビリティ

簡単に使うことができる事です。webでは操作のしやすさ、配色、レイアウトの工夫などなど。ほとんどのWEBサイトのインターフェースは上部にグローバルナビゲーション,左もしくは右に子階層のナビゲーションがあります。
これはWEBサイトの使いやさを追求した結果そのようなレイアウトになったという事が言えます。

ユーザーはWEBデザイナーなどが設計したレイアウトを常日頃利用しているのでどのサイトを見てもナビゲーションがどこにあるか潜在的にわかっているという状況を作り出しています。

デザイナーさんやインターフェースの設計をする方はそれが本当に使いやすいかのかどうか研究を重ねており少しずつより使いやすい操作しやすいデザインに刻一刻と変わってます。

より深く習得したい方は心理学などの知識も持っておくと目的を訴求する為のデザインを作れるかもしれませんね。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。