初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

iPhone iOS,AndroidアプリをHTML5で作る方法(cordova開発環境準備編)

iPhone iOS , Androidの両方に対応したアプリの作成方法

cordovaを使用してiOSとandroidの両方の環境に対応したアプリをまとめて作成できます。
androidはjavaで開発して、iOSはxcodeやswiftでとなると一人で開発している人にとっては
工数も知識も倍以上になって非効率的です。

そこでcordovaをしようしてHTML5とCSS、javascriptを使用してアプリ開発をしていきます。
構造はwebViewクラスの中にjavascriptを記述して端末osのAPIを叩くといった感じです。

トレードオフな点としては動作速度でしょう。。。
ただ、CSS側での再計算などである程度は対策できます。
このあたりは色々な開発者さんやネットから情報をあさると出てきます。

UIに関してはjqueryではなくもっと高速に動作するlonicやONSENなどを使用すると良いでしょう。

すでにITの進んでいる国ではJqueryは動作が遅かったりアニメーションが滑らかでなかったりとの理由で新しいjavascriptのフレームワークに移行しているケースが多いです。

シンタックスについてはJqueryと非常によく似ているので今までJqueryを使用していた方ならすぐに馴染めると思います。

はじめに開発環境を準備します。
今回はMac OS X Yosemiteに開発環境を構築していきます。

node.jsとnpmのをインストールする

下記のリンクから2つともインストールできます。
node.js

上記をダウンロードしてインストールしてください。

Terminalを立ち上げてCordovaをインストールする

コマンドラインツール

npm install cordova -g

管理者権限付きでcordovaを入れます。

sudo npm install cordova -g

iOSエミュレーションに関してはXcodeがインストール済みであれば上述のコマンドラインから起動できます。

Android開発環境は別のポストで紹介したいと思います。(構築時にエラーが出やすいので記事が長くなる為)

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。