初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

不可視ファイルの表示切り替えを簡単にするapple script。

terminal.appから不可視ファイルの表示方法。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true
killall Finder

元に戻すには

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
killall Finder

と切り替えるの面倒なので切り替えが簡単にできるapple scriptを作ってみました。

方法は下記を参照してください。
1:applescriptエディタを起動します。

2:下記をコピペします。

try
	set state to do shell script "defaults read com.apple.finder AppleShowAllFiles" as string
	if state is "TRUE" then
		do shell script "defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE"
	else
		do shell script "defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE"
	end if
end try
tell application "Finder" to quit
delay 1
tell application "Finder" to launch

showallfiles

メニューバーのファイルから保存を選択しアプリケーションとして保存してください。
ファイル名はShowAllFiles.appなどなど。

肝心の切り替え方法は今保存したShowAllFiles.appをダブルクリックするだけです。
簡単だよね。。
showallfiles2

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。