初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

Adobe Creative Cloudが暴走する場合の暫定解決方法。Adobeの指示通りで解決できないケース。

Adobe Creative Cloud Desktopのプロセスがおかしい、暴走する。

スクリーンショット 2015-12-19 1.07.10

Adobeのサブルクリプション製品である通称「CC」(CreativeCloud)ですが、以前からアップデートのたびにトラブルが続いています。

私自身もアドビのサポートの方とチャットでやり取りしましたが、改善しませんでした。私は暫定改善方法としてあることをしていたので、チャットサポートの時には症状は起こってませんでした。

もしかしたら、アドビのサポートに方が言う通りにして直るケースもあるのだと思います。たぶん。。

 

Adobe公式の削除方法は下記のとおり。長いです。

Adobe公式CreativeCloud強制削除のリンク

はっきりいってすごく手間のかかる手順です。パソコン初心者ではまっとうに実行できる可能性が低いと思います。

私はアンインストール時にエラーがでたので公式サイトの指示通りに試してみましたが、改善されませんでした。

その後、Adobeのチャットサポートで相談したところ、何のエラーがでたか教えてくださいとのことでしたが、改善策公式で出しておきながら出てくるエラーも把握してない模様でした。

時間がもったいないので担当の方にデグレードが改善されたらメールで通知してもらうようにお願いしてチャットを終えました。

私が試したCreativeCloudのバグ回避方法(暫定)

  1. まずは、強制削除したけどうまくいってない状態からスタート。強制削除試してもうまくいかない方向けの暫定の方法ですので自己責任で。ただ、Adobeチャットサポートにてライセンス認証やその他同期については月1くらいでCreativeCloudを立ち上げてメアドとパスワードで認証(ログイン)すれば問題はないことは確認済みです。因みに、adobeCreativeCloudの環境設定から「ログイン時に起動」チェックを外してもパソコンを再起動するとAdobeのプロセスは起動してきます。XPCプロセスがおかしい模様。
  2. 下記のディレクトリ内にあるadobeとつくものをすべて削除します。一例は下記のとおりですが、他にもadobeとつくものは一旦削除したほうが無難です。Windowsの方はタスクマネージャのスタートアップからAdobeをすべて無効にします。

     

    /Users/アカウント名/Library/LaunchAgents/com.adobe.AAM.Updater-1.0.plist

    /Library/LaunchAgents/com.adobe.AdobeCreativeCloud.plist

  3. 削除後に再起動します。これでadobeのプロセスが暴走することはなくなります。

 

Macの方はアクティビティーモニターでAdobe Creative Cloud関連のプロセスが起動してないことを確認しましょう。

Windowsの方はタスクバーを右クリックしてAdobe Creative Cloud関連のプロセスが起動してないことを確認しましょう。

私はひとまずこのままAdobe製品を使用しようと考えています。ただ、前述の通り認証やTypekitなど同期が必要なものもあるので定期的にCreativeCloudを起動してログインする作業を月一で行う必要があるのが悩ましいです。完全に改善されたアップデートがでるのはいつの日になるのでしょうか。

余談ですが、adobeのアップデートやCreativeCloudDesktopではサーバーとの同期にnodeが使用されています。このあたりもバグの原因になっているような気がします。el capitan上で勝手にnodeが起動して常にリッスンしている状態なのでセキュリティ面も気になります。アドビさん大丈夫なのでしょうか?

ちなみにこのnodeの同期のおかげでバッテリーの持ちも悪いですよ。毎月高いお金払っているのにこれでは困ります。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。