初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。

Excelでエラーを表示しないようにするサンプル。

AVERAGE関数などを使用して平均を出す場合に対象範囲のセルに値が入って無い時、普通にAVERAGE関数だけでは、エラーが表示されてしまいます。

対象方法は、ifとiserorrを使って解消できます。

if(ISERORR(AVERAGE(対象セル),”0″,AVERAGE(対象セル))

解説:
もしAVERAGEがエラーだったら0を表示する。
エラーでなければ、AVERAGEを表示する。

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

初心者も簡単ブログにコピペだけ!1クリック高単価7〜42円。登録無料最短1分でスタート。